レメディについて

レメディー=砂糖玉

ホメオパシーではレメディーと呼ばれる3ミリ程の小さな砂糖玉を使用します。

レメディーは薬と違って副作用がありません

レメディーには、自然界に存在するありとあらゆるものからエッセンスを抽出して水とアルコールで理論上1分子も存在しない状態まで薄めたものが染みこませてあります。 レメディーは天然成分のエネルギー情報と砂糖玉からできているため、薬と違って化学物質による副作用がありません。 赤ちゃんや妊婦さん、お年寄りの方にも安心してご利用いただけます。 

必要のないレメディーをとっても問題ありません

レメディーは原物質の情報しか含みませんから、万が一レメディーを間違えてとってしまっても、体に害はありません。 また、レメディーによって自然治癒力が揺り動かされるのは、体の中にレメディーが作用する要素がある場合のみです。例えば熱を出すことで体の不調和を解消する必要があるにも関わらず、ストレスなどが原因で体の浄化作用が正常に働かないという時に、熱を出す性質を持ったレメディーをとると熱が出ます。 

レメディーが苦手なもの…日光、電磁波、香りの強いもの

レメディーは日のあたる場所や電磁波、香りの強いものの近くに置いておくと、効果が薄れることがあるので、これらを避けて保存してください。 携帯電話からは電磁波が出ているので、携帯電話とレメディーを一緒にバッグに入れる場合は、レメディーを缶に入れるか電磁波をさえぎる袋に入れていただくと良いでしょう。

食事の時に気をつけること

ハーブの歯磨き粉レメディーは食事の前後20分はできるだけ避けておとりください。また、レメディーをとっている間は、コーヒーやたばこ、ミントはレメディーの効果を打ち消してしまう場合があるので、なるべくとらないようにしてください。歯磨き粉もミントの入ったものはできるだけ避けてください。ミント以外にも、消臭作用を持つフェンネルというハーブを使った歯磨き粉がございますので、一度お試しいただくと良いかと思います。 

レメディーは一粒ずつ舌の下で溶かしながらとります

レメディーは、ビンから蓋に一粒出しておとりください。レメディーを一粒取り出したら、舌の下で溶かすようにしてとります。続けて別のレメディーをとる場合は、口の中のレメディーが完全に溶けてからおとりください。

その他のページのご案内

セルフケア勉強会
カレンデュラハーブ蒸し

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
083-257-4656

受付時間:10時~19時(土日・祝祭日も可)

ストレスケアや薬とうまく付き合いながら健康管理したい方々に向けて、山口県下関を中心に、体と心のメンテナンス(カウンセリング/セミナー)自力整体教室・ハーブ蒸し等を行っております。お気軽にご相談ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

083-257-4656

<受付時間>
10時~19時(土日・祝祭日も可)

ごあいさつ

fumiko8.png

ホメオパスのさとうふみこです。
お気軽にご相談ください。

自然療法〝更〟sala

受付時間

10時~19時(土日・祝祭日も可)